高く売れる中古車の良い評価の条件など

 

高く売れる中古車の良い評価の条件など

 

愛車を売却するなら、なるべく高く売りたいですよね。では、高く売れる車とそうでない車とはどのような違いがあるのでしょうか。中古車市場は刻々と変化しており、その相場も一定ではありません。たくさんの人がほしいと思う車は、それだけ人気もあり高くなります。一般的に新しい車の方が高く売れるのはもちろんですが、車のボディーカラーも重要な要素になってきます。奇抜な色や派手な色の車より、白や黒、あるいはシルバーといった比較的地味な色の方が、無難で多くの人に支持されているので査定においても良い評価につながります。

 

年式や走行距離も大切なポイントです。走行距離は、大体1年1万kmが基準とされ、それより少なければプラス査定、多ければマイナス査定になるといわれています。また、カスタマイズした車や、自身でこだわって付けたパーツなどよりは、純正のパーツの方が高値が付く傾向にあるので、自身で車をカスタマイズする場合でも元の純正パーツは、後々売却することも考えて保管しておくことをお勧めします。外観はもちろん室内の汚れや臭いも低評価の対象になります。、こまめな洗車やワックスがけ、車内の清掃は大切なことです。もちろん事故車になってしまえば低評価は免れません。何より、日ごろから愛車を大切にし、そして安全に乗ることが大切です。