中古車オークション代行業者を利用するときの流れ

 

中古車オークション代行業者を利用するときの流れ

 

中古車オークション代行業者を利用した場合の流れを説明します。各業者により多少の違いはありますが、一般的には、代行業者のインターネットサイトに行き、ご自身の氏名や連絡先などと、愛車の各種情報を入力して相場価格を設定します。ここでは、まだ概算の相場になりますが、この価格に納得できれば改めて業者に連絡して手続きを進めます。車検証や印鑑証明書、自動車税納税証明書、免許証のコピーなど各種書類が必要になりますので用意しましょう。愛車が一度、業者側に引き取られ細かな査定を受けます。この時に、クリーニングや補修などの車を高く売却するためのアドバイスを受けることもあります。

 

こうして最終的な相場が決まり、これを基に最低落札金額を決定します。オークション会場には、陸送料を支払って輸送してもらいます。会場についた車は、新たオークションスタッフの検査員により検査され、公平な評価点がつけられます。この検査内容がデータベース化され、各中古車業者が入札する際の資料となります。めでたく愛車が落札されれば良いですが、落札されない場合もあり、これを流札といいます。落札されなければ、また次回出品することも出来ますが、落札されてもされなくても、その都度手数料や保管料がかかることは覚えておきましょう。もちろん出品を取りやめることもできます。